11.懲りないアメリカ、ベネズエラへの内政干渉 

こんにちは。

 

梅の季節です。

が、私が住む地域では、車のフロントガラスに雪が残っていました。

 

 

今回は、世界中がハラハラするベネズエラ情勢について書きます。

 

ベネズエラとは?

 

 

(画像引用:野球の記録で話したい

 

カリブ海を挟んでアメリカがすぐですね。

 

ベネズエラは原油埋蔵量が世界一の国。

ところが、アメリカの経済制裁で輸出ができない状態。

元々、ベネズエラの原油は比重が大きく硫黄分が多いです。
精製には軽油やナフサなどの希釈剤と混ぜる必要がありますが、その希釈剤の輸入すら出来ないのです。

入るものも入らず、出すものが出せない。

 

ベネズエラ(ウィキペディア)

ベネズエラ(外務省)

ベネズエラ(在日本ベネズエラ大使館)

 

ベネズエラとアメリカの本質とは?

 

 

(画像引用:ラジオ「スプートニク」)

 

ベネズエラの現状と経過、そしてアメリカの政策については、次の記事とYouTube動画が分かりやすかったです。

 

(記事)

・「日本の識者に聞く:混迷極めるベネズエラ政治を徹底分析、民主主義を守る戦いか、それとも内政干渉か?」 ラジオ「スプートニク」のウェブサイト(2019.2.4)

・「駐日ベネズエラ大使が日本記者クラブで語ったこと ~ベネズエラの平和と安定のために~」 長周新聞のサイト(2019.2.14)。

(会見YouTube動画は下段にあります)

 

 

(YouTube動画)

・「緊迫!ベネズエラ~米国軍事介入はあるのか 伊高浩昭×高瀬毅【TheBurningIssues】」(2019.2.27)

・「ベネズエラの偽クーデター 米国 内政干渉の末に」(2019.2.19)
→13:33から、駐日ベネズエラ大使による日本記者クラブ主催会見(2019.2.1)
→37:18から、同大使による「メディアがベネズエラをどう伝えているか」への応答(ご自身の言葉で端的に答えていらっしゃいました)

 

新自由主義とベネズエラ

 

長周新聞の次の記事が、ベネズエラ問題について、歴史も含めて新自由主義反対の立場から書かれていました。

ここでは「ベネズエラ問題」という言葉を使いましたが、本来は「アメリカ問題」なのです!!!。このことは日本で言うところの「沖縄問題」と同じ構造を持っていると思います。「沖縄問題」は「本土問題」であり「アメリカ問題」なのです。)

・「新自由主義に対抗 反米の牙城となったベネズエラ 歴史的背景を見る」 

この記事は次の文章で締めくくられています。

 戦後、アメリカは主権を持つ独立国の内政に干渉し、カネと軍事力で政府を転覆させ、新自由主義政策を押しつけるというやり方をくり返してきたが、それはことごとく失敗している。独立と民主主義を求める人人のたたかいに、さまざまな紆余曲折は避けられないが、そのたびに力を増していくことを押しとどめることはできない。

 

2019年3月14日のウエブニュースを検索

 

2019.3.14午前現在、グーグルで検索しました。

上位ニュース順にアドレスを貼ります。

(ニュースサイトですので数日で見られなくなるかもしれませんが)

 

・ニューズウィーク日本版

・時事ドットコム

・日本経済新聞

 

 

【2019.3.14 NHK正午のニュース】

昼食中、NHK総合テレビでベネズエラの首都カラカスの状況が映っていました。

停電でポンプが動かず水道が止まったので、給水車が街に出ていました。

商店では500mlの水が10ドルとのこと。

 

 

 

ネオコンの影

 

2019年2月2日の共同通信社記事を記します。

 

 【ワシントン共同】ペンス米副大統領は1日、反政府デモが激化するベネズエラ情勢について演説し「独裁政権を完全に終わらせる時が来た。今は対話ではなく行動の時だ」と述べた。反米左翼マドゥロ大統領を退陣に追い込むため、外交や経済で圧力を強化する方針を示した。トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に、ベネズエラへの軍事介入は「常に選択肢だ」と語った。

 ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は1日、ラジオ番組で軍事介入を直ちに行うことはないと説明。「あらゆる選択肢を検討しているが、私たちが求めるのは平和的な権力の移行だ」と述べた。

 

ペンス副大統領はティーパーティーと深い関係を持つネオコン。

彼は就任時「副大統領の職務はチャイニー(ブッシュ息子の元副大統領)をモデルにする」と言っていました。

(Mike Pence Says His Role Model for Vice President Is Dick Cheney:ABCニュース)

 

標題に「ネオコンの影」と書きましたが、「真昼間のネオコン」がふさわしいかもしれません。

 

 

今までの投稿一覧

 

1.トリクルダウン

2.高給取りのサラリーマンよ、ビールを飲んでください!

3.ピノチェト政権

4.1000兆円の政府による借金

5.「国の借金」で検索しました。

6.米朝会談で経済的に得をするのは?

7.IR整備法案が通ると誰が儲かるか?

8.高校生甲子園大会における二枚舌

9.「自己責任論」の正体

10.「信用創造」と「預金」

11.懲りないアメリカ、ベネズエラへの内政干渉

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です